おもてなし精神と挙式

おもてなし精神と挙式

レストランウェディングは、ここ10年程度で急激に一般的になった感があります。ホテルや結婚式場等のウェディングに比較すると、肩肘を張らない点や価格がそこまでしない点、何よりも美味しいお料理をお客様に提供可能なメリットが大きく評価されての事だと思います。

 

 

 

そして近年では披露宴だけではなく、挙式までもレストランの中で結婚式を行うカップルも増えてきました。披露宴と挙式会場が別々の場合、移動一つを考えても招待客に負担になってしまいます。

 

 

 

都内では、レストランの敷地内にチャペルや人前式を行う為のスペースを用意する等、レストラン店舗側の、言わば、「レストランウェディング対応指数」と言ったものの向上も理由の一つかもしれません。

 

婚約指輪ってどこがオススメなんでしょうかね?

 

よく「食べ物の恨みは恐ろしい」と言われます。これは人間が食べ物に関する印象が強く、長く残る事を古人が理解していた証明でもあります。提供される料理が美味しいと、もうそれだけでいい式だった、という印象を植え付けることが出来るのではないでしょうか。

 

 

 

また自由度の高さも言うまでもありません。通常のホテルや結婚式場の場合、引き出物、引き菓子、衣装等の持ち込みを禁止しているか、持ち込み料を請求される事が一般的です。中には食中毒対策を理由に、食品関係は一律に禁止している場合もあります。

 

 

 

ところがレストランウェディングではウェディング専門ではない為に、この様な問題は存在しない所がほとんどです。もっともこれは、その反面では問題にもなります。自由度が高いと言う事は、多くの事を自分たちで行わなければならないからです。